head_img

マッサージとの違い

マッサージだけではとれない「身体の疲れ」はありませんか?

 筋肉の疲労ならば、マッサージやストレッチは有効だと思います。 けれど、肩こりや倦怠感の原因が、内臓やメンタルからくるものであった場合は、 マッサージやストレッチだけでは改善は難しいと思います。

 鍼灸は、内臓やメンタルも含めた、身体全体を診るものです。 どうにもとれない疲れがある場合、鍼灸施術を受けてみませんか?

 icon 鍼灸とは全身調整>>

 

お薬ばかりに頼りたくない

お薬の量が増えて不安、お薬が効かない、副作用がつらい、といった事はありませんか?

 全てのお薬を否定するものではありません。お薬の必要なケースはあるでしょう。 ですが、お薬は全ての人に万能というわけではありません。

 icon こんな症状に>>

 

何だか以前と身体がちがう

近頃…疲れもとれないし、無理がきかなくなってきた、という事はありませんか?

 生まれたばかりの赤ちゃんは、気の充実「100%」です。 そして加齢とともに気は減少し「0%」で死を迎えます。
 ケガや病気をしても、若いうちは回復も早いですが、歳を取ってからのケガや病気は、なかなか回復しません。 また、若くても、気の消耗が進んでいる人は回復が遅くなります。

 icon 手術後のケア>>

 

 

苦手な季節がある

調子の悪くなる、苦手な季節はありませんか?

 毎年、春先に目まいや耳鳴りが出たり、夏に体調を崩したり、秋にアレルギーが出たり、冬に腰痛が悪化したり… など、苦手な季節はありませんか? 決まった季節に体調が崩れるという方は、季節の気と身体の気が対応できていません。

 鍼灸は、身体の中の気を整えるものです。 苦手な季節がある場合は、鍼灸施術をおすすめ致します。

 


 

ページトップに戻る