術後ケア

乳がん、子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜症、
これらを抱える女性はたくさんいます。
珍しい病気ではなくなりました。
治療の選択肢も増えました。
今では身近にある生活習慣病ともいえます。

  私達の身体は変わっていませんが、
  身体を取り巻く環境は変わりました。

  ・食生活の変化
   (食品添加物、遺伝子組換食品、農薬・・など)
  ・嗜好品の摂取
   (砂糖、タバコ、アルコール・・など)
  ・仕事環境の変化
   (デスクワーク、エアコン、パソコンの電磁波・・など)
  ・人生サイクルの変化
   (晩婚化、出産を経験しない・・など)

  これらのいずれもが、病気を育てる<危険因子>となります。
  日頃から身体を気に掛けて、病気にならないようにする事が一番です。

  でも、気に掛けていたつもりでも病気になってしまうかもしれません。
  病気は自分では気づかない、というのが本当かもしれません。

  病気になって手術を選択せざるを得ないケースも多いです。
  手術の前は、手術の成功が一番の目的となります。

  無事に手術さえ終わればそこがゴールだ、
  と思いたい気持ちもあります。

  でも、本当にそこが終わりでしょうか?

  手術はゴールではありません。

 

  手術後こそが、本当の人生の本番なのです。
  小さく見える傷でも、手術というものは身体にとっては一大事です。

  手術後の様々な不定愁訴があるかもしれません。
  何より、それまでの生活習慣を見直して再発を防がねばなりません。

  身体にやさしい鍼灸だからこそ、
  術後の身体のケアでお役に立つ事が出来ると思います。

このような不定愁訴はありませんか?

     疲れやすい、とにかく眠い、身体がだるい、やる気が出ない、
   風邪をひきやすい、肩こりがとれない、
   手足が冷える、手足がしびれる、顔がのぼせる、
   イライラする、むくみが気になる、頭が重い、
   不安で落ち着かない、眠れない ・・・といったような、
   さまざまな不定愁訴でお困りの方は、是非ご相談下さい。