head_img

お薬ばかりに頼りたくない

例えばこんな様々な身体の悩みに、それぞれお薬を使っていくと、
お薬の量は増えるばかり・・・

photo 頭痛、耳鳴り、眼精疲労、
アレルギー、花粉症・・・


photo 生理痛、便秘、下痢、感冒、
わきが、しもやけ、水虫・・・


photo うつ、不眠、高血圧、
神経痛、白内障、緑内障・・・


photo

「対症療法」だけでは、症状をなくしても、また同じ症状を繰り返します。
 例えば、膝の水も抜くだけでは、解決につながりません。
 症状を起こさないように、身体を根本から整えていく「根本治療」が大切です。

 

症状や病気に対する考え方

気になる様々な症状もすべて「身体の一部」と考え、
その症状も含めた身体全体を調整する事が「鍼灸の働き」です。

 お薬の場合ですと、バラバラの悩みはバラバラに追っかけていく事になります。
 お薬は、狙撃手のように「標的」に向かってまっしぐらに進んでいきます。 心強い反面、恐い面もあります。
 病気を攻撃すれば自分自身も攻撃する事になりうるからです。そうなれば本末転倒です。

鍼灸治療では様々な症状や病気をどのように考えるか?

 鍼灸治療では、様々な症状や病気を、「外から突然やってきたモノ、倒すべき敵」ではなく、 「内から外に現れたひとつの形、サイン」と考えます。
 症状だけにとらわれず、その症状を起こしている身体の状態を考えます。
 「病気も含めて自分自身」とし、病気と身体を切り離しては考えません。 「倒すべき標的だけ」を目標にする事はありません。

 気になる様々な症状は、身体自身が変わる事で初めて変化します。 症状を抑えるだけでなく、身体を根本から元気にしていきませんか? 鍼灸はそのお手伝いを致します。

 自分自身の力で、身体を元気に健やかに保てるならば、それに越した事はありませんよね? ご自身の身体の中にある「自然の力」をどうぞ信じてみて下さい。

 

photo
 鍼灸治療の目的は、身体自身が本来の元気を取り戻す事にあります。

photo

 

気になる症状や体質改善に

病院にいってもよくならない…
出来るだけお薬に頼りたくない…
 病院の検査にはあらわれなくとも、身体の不調はあります。
 また、お薬の副作用がつらいという方は、身体がお薬に対応出来ていません。

生理不順、不妊、逆子…
 身体に眠る自然の力を、引き出す事が大切です。あきらめずにご相談下さい。

様々な手術の術後ケア…
 手術の傷口は治りますが、身体の消耗は後々まで影響します。
 手術はゴールではありません。西洋医学のフォローは手術までです。

更年期障害、不眠、疲労感…
不安、うつ、パニック、やる気が出ない…
 あらゆる「気」の病に、鍼灸は力を発揮します。

 

西洋医学にない視点

「身体全体をみて、全体を同時に捉えるシステムがある」という事が、 鍼灸医学の特徴であり強みです。 専門分化された西洋医学にはない視点です。

 同じ人の身体でも見方を変えれば、見える現象は変わってきます。 物事に行き詰まった時、ちょっと見方を変えてみる事は大切ですよね?
 身体の悩みもちょっと見方を変えてみる事は、とても意味のある事なのです。

 西洋医学は、様々な検査数値を用いて、身体を細分化してみる事が出来ます。  「客観性」に支えられている世界である、と言えるかもしれません。
 それ故、患者さんの訴える「主観性」は、しばし置き去りになることがあります。

 鍼灸医学は「客観性」に乏しいといわれます。 それは「客観的」な数値で表現できないものを対象としている、という事に他なりません。

 痛みなどは数値で測る事の出来ない「主観性」そのものです。 (ペインスケールもあくまで自己申告であり主観的なものです。)

 患者さん自身が「痛い」「つらい」「不安」と感じるものは、検査数値で表現できなくとも、 「痛い」「つらい」「不安」なものなのです。

 


 

ページトップに戻る