身体のなんでも相談所

 例えばこんな様々な身体の悩み、どのように対応していますか?
 それぞれにお薬を使っていませんか?

  マッサージに行って「水虫も治して下さい」とは言えませんよね?
  「生理痛」と「魚の目」も治す「制汗剤」なんて見たことがありますか?
  「高血圧」と「低血圧」どちらの人が飲んでも大丈夫というお薬はありませんね?

  こんな一見バラバラの悩みでも、
  「鍼灸」は一手に引き受ける事が出来るのです!

 鍼灸には、様々な身体の悩みに
 「お灸とはり」で対応してきた
 「長い歴史」があります。

症状や病気に対する考え方

 気になる様々な症状もすべて「身体の一部」と考え、
 その症状も含めた身体全体を調整する事が「鍼灸の働き」です。

  お薬の場合ですと、バラバラの悩みはバラバラに追っかけていく事になります。
  お薬は、狙撃手のように「標的」に向かってまっしぐらに進んでいきます。
  心強い反面、恐い面もあります。

  病気を攻撃すれば自分自身も攻撃する事になりうるからです。
  そうなれば本末転倒です。

  鍼灸治療では様々な症状や病気をどのように考えるか?

  鍼灸治療では、様々な症状や病気を、
  「外から突然やってきたモノ、倒すべき敵」ではなく、
  「内から外に現れたひとつの形、サイン」と考えます。
  症状だけにとらわれず、その症状を起こしている身体の状態を考えます。

  「病気も含めて自分自身」とし、病気と身体を切り離しては考えません。
  「倒すべき標的だけ」を目標にする事はありません。

  気になる様々な症状は、身体自身が変わる事で初めて変化します。
  症状を抑えるだけでなく、身体を根本から元気にしていきませんか?
  鍼灸はそのお手伝いを致します。

  自分自身の力で、身体を元気に健やかに保てるならば、
  それに越した事はありませんよね?
  ご自身の身体の中にある「自然の力」をどうぞ信じてみて下さい。

 鍼灸治療の目的は・・・
 身体自身が本来の元気を取り戻す事にあります。

気になる症状や体質改善に

  花粉症、アレルギー、冷え性、生理不順、生理痛などでお悩みの方は多いです。
  それらの症状に対して、はりとお灸はとても有効です。
  また、はりとお灸を続けていると、お肌がきめ細かくなりますし、
  風邪をひきにくくなります。身体のバリヤーが強くなるのです。

  <適応症>
   更年期障害、不眠、うつ、パニック、冷え性、むくみ、しびれ、のぼせ・・・
   肩こり、腰痛、神経痛、関節痛、五十肩・・・
   便秘、下痢、胃腸病、肝機能障害・・・
   眼精疲労、耳鳴り、難聴、歯痛・・・
   多汗症、わきが、アトピー、湿疹、じんましん、にきび、赤ら顔、鮫肌(さめ肌)、
   しもやけ、魚の目、巻き爪・・・
   小児の夜泣き・かんむし、おねしょ、虚弱体質改善・・・

     この他にも、お困りの症状はご相談下さい。